バブル景気が起こったわけバブル景気が起こったわけ

日本がバブル景気になったのは、なぜなのでしょうか。バブル景気になる要因は、アメリカ経済にありました。バブル景気が発生する前のアメリカ経済から、日本でバブル景気までの背景についてお話ししたいと思います。

アメリカ経済の立て直し

レーガノミックス

日本のバブル景気は、1985年のプラザ合意が要因とされています。当時アメリカは、貿易赤字に悩んでいました。レーガン大統領の1981年に打ち出したレーガノミックスと呼ばれる考えは、これまでの弱かったアメリカ経済を立て直す「強いアメリカ、強いドル」というものでした。アメリカでは、日本からさまざまなものを輸入していたため、日本の景気は拡大していきました。レーガノミックスの内容は、1.軍事費が多く占めている歳出を抑制すること2.大幅な減税3.政府規制の緩和4.高金利政策という内容でした。そして1983年には景気回復へと向かいます。

双子の赤字

しかし、高金利のため、工場などでは借り入れが難しくなり、機械を新しくすることができず、競争力は落ちていきました。そのため、アメリカは工場を海外へ移すことになります。減税により消費活動は活発になり、日本への輸入に頼るようになりました。そして、赤字はどんどん膨らんでいったのです。なんだか皮肉です。貿易による赤字と財政による2つの赤字は「双子の赤字」と呼ばれるようになりました。

プラザ合意

アメリカの赤字は各国に黒字をもたらすものでした。しかし、これは世界にとっていつかドルが暴落する不安を抱えることになりました。アメリカは、プラザ合意によって日本への借金を減らそうと考えたのです。G5諸国(日・米・独・仏・英)と協調介入する旨の共同声明を発表しました。これは、アメリカをドル安にするため、各国で為替レートを調整してほしいというもので、G5諸国との政策協調という形ですが、実際にはアメリカと日本の政策緩和が課題でした。これにより急激な円高が進行し1ドル240円前後だった為替相場が1年後に1ドル120円台まで急伸しました。円高になることで輸出が減り、不況になるのではないかと懸念した政府が金利を下げることにしました。これによって、不動産や小売業、住宅への融資が拡大し、過剰な流動性が発生しました。

バブル景気の発生

日本は1人あたりの所得をアメリカより超えることになり、バブル景気を迎えます。日本は世界各国から「世界の頂点にいる」「すばらしい経済システムだ」と賞賛の声を浴びるようになりました。

バブル景気の要因

1970年代後半から優良製造向けの融資案件が伸び悩み、銀行が不動産業や小売業、住宅への融資へ傾斜していました。1980年代に入ってから世界的な物価のディスインフレーションの中で、資産価格(株式)は上昇しやすい状況になっていました。

土地神話

これらの要因が重なって、日本では株や土地への投機が盛んになりました。土地神話というものができあがり、「土地は必ず値上がりする」と信じ込まれていました。安いうちに土地を買って高く売ろうという人が多かったんですね。そのため、銀行は簡単にお金を貸してくれるので、借金をして土地を買うのが当たり前、銀行の貸付や土地の売買は拡大していきました。1985〜1986年に、急激な円高による景気後退が見られたのですが、投機は衰えることがありませんでした。

株価と実質GDP成長率の推移

GDP(Gross Domestic Products=国内総生産)とは、3ヶ月または1年ごとに経済活動の規模の拡大スピードを計ったものをいいます。これまでGNP(Gross National Product=国民総生産)というものが使われてきましたが、外国で働く日本人が増えたり日本で働く外国の人が増えてきたため、本当の経済の動きを知るために、日本にいる外国の人が使ったお金も計算されるようになりました。また、その増加率を経済成長率といいます。経済成長率が高いと景気が良い、低いと景気が悪いと判断されます。

経済成長率は、

前期の経済成長率=(前期のGDP−前々期のGDP)÷前期のGDP×100

で計算されます。

日経平均・年平均株価(円) 実質GDP成長率(%)
1986年 16.402 3.0
1987年 23.248 4.5
1988年 27.039 6.5
1989年 34.059 5.3
1990年 29.437 5.3
1991年 24.296 3.1
copyright 2007 バブル崩壊RHAPSODY, all rights reserved.