1980年代後半、日本はバブル経済を迎えました。消費に明け暮れた日本は、異様な熱気に包まれ、その背後では音もなく不況へと変化していきました。どんな時代のことをバブルと呼ぶのかは気になりますが。現在社会における日本は「ミニ・バブル」もしくは「バブルの再来」などといわれています。

日本のバブル経済とは何だったのか?

1980年代後半、日本は円高が進んで日本の製品が高くなり、外国へ売りにくくなっていました。そして国は、お金を安く貸してくれるようになりました。そして、借りられるうちに借りてしまおう、という人が増え、お金の使い道に困ってしまいました。そこへ目についたのが、株や土地でした。株は、人が会社にお金を貸す証明書のようなもので、会社のもうけによって利息が決まっていました。日本の会社はもうかっていたので、株の値段は高く上がりました。土地も、値段は下がらないといわれ、安いうちに買おうという人が増えました。そして株も土地も値段が上がっていきました。株も土地も値段が上がりすぎて、やがてバブルがはじけました。1億円で家を買い、高く売りに出そうと考えていたのが、5.000万円の価値に下がってしまい、大きな損をしてしまいました。

(参考:こどもがわかる経済ニュースの本/阪本将英・田坂節子/中経出版)

日本が不景気になった理由

1990年代初頭から、日本は長いこと不景気にいました。原因はバブル崩壊といわれています。しかし、不景気になったのは、お金の流れが少なくなったからともいえます。お金の流れが少なくなって物を買わなくなると、会社の収入も働いている人の収入も少なくなります。労働者を必要としなければ、働かなくなる人も増えます。1990年代半ばに、あるファーストフード店がハンバーガー1個59円というとても安い値段で販売したこともありました。その後すぐに値段が上がったのですが、このような状況が長く続くと、デフレ・スパイラルといって社会全体で動くお金が少なくなり、どんどん悪循環になっていきます。

バブル経済の歴史

1637年 オランダのチューリップバブル
1719年 フランスでのミシシッピ計画
1720年 イギリス南海会社バブル事件(南海泡沫事件)
1920年代 アメリカ世界恐慌
1980年代 日本のバブル
1994年 中南米バブル
〜1997年 東南アジアバブル
1999〜2000年 アメリカのインターネットバブル
2003年 アメリカの不動産、住宅バブル
2005年 アメリカと日本を中心としたweb2.0バブル

バブルの栄光と衰退

期待、不安、欲、希望…人間の心理によってバブルは動いてきました。そのバブルの発生や崩壊までの道のりを覗くことは、経済のしくみを知るとともに、人間の生身の感情も知ることができます。

バブルという時代
バブルについて知る前の基礎知識や、日本と貿易を行っていたアメリカの経済についてお話しします。
バブルに起こった出来事
バブルにはお金が余っていたため、投資だけでなく消費活動も大きなものでした。バブルが発生した1986〜1991年までの日本の生活について紹介します。
バブル崩壊のシナリオ
バブルが崩壊したとき、何が起こったのでしょうか。バブルによって浮き彫りになった日本経済のシステムとはどのようなものなのか、そしてどんな対策をとったのかを紹介します。
世界のバブル
バブルは今もなお、世界のどこかの国で発生しています。これらバブルの歴史から学べることとはどんなことでしょうか。世界で起こったバブルについて紹介します。

はじめにはじめに

このサイトではバブル時代、どんな生活をしていたのか?という「面白そうなこと、興味をひくこと」と経済を知るきっかけにぴったりな「バブルを理解する」ことを合わせて紹介しています。バブルのことを本当に知ろうと思ったら、経済や社会、人間の行動など広い範囲で知っておくべきです。バブルを知って、ぜひぜひ日常の経済活動に役立ててくださいね!

copyright 2007 バブル崩壊RHAPSODY, all rights reserved.